看護師と患者

うつをセルフチェックで早期発見~メンタルヘルスにチェックイン~

自己診断で早期治療

自己診断の重要性

診断書

病気の早期発見は早い回復を見込める為、とても大切です。内臓疾患などの場合は安易に自己診断で留めておくのは良くありませんが、ストレス社会と言われている現代だからこそ日々の自己診断が大切な症状があります。それがうつ病です。うつ病は抑うつ状態が続くだけのものではありません。頭痛やめまい、便秘や疲労感などといったように、一見うつだと分かりにくい症状が出ている場合もあります。環境の変化や仕事が忙しくなったりと、自分の生活環境が変わったときや疲労感が長く続く場合は一度うつ病の診断チェックを行うことをおすすめします。この診断チェックは病院へ行かなくても自分で行うことができます。診断項目はインターネットでも多く見ることができます。このように自分でチェック出来るサイトが多くなったのは、自己チェックを行うことで早めに治療を行ったほうが症状の早期緩和に繋がるからです。自分はうつにならないと思っている人でも、心に負担が掛かっている場合があります。放っておくと、心だけではなく身体にも負担が掛かるので、自己チェックがとても大切です。

自己診断のメリット

自己診断のメリットはやはり早めに受診できることです。自分のこころの状態を知る機会は以外と少ないです。チェックはとても簡単で、20項目ほどの質問に自分が思うように答えていくだけです。この時、無理をして答えず思うままに質問に答えることが大切です。診断結果によって、うつ状態である可能性があるとわかった場合はまずその自分の状態を受け入れてあげてください。そして、必ず医療機関を受診することが大切です。うつは治療すれば必ず治る症状ですので、無理をして放置をせずに治療をすることがとても大切です。放っておくと、学校や仕事などにも支障をきたしてしまう場合があります。チェックをしていくと、うつではないが心に負担が掛かっている状態などの診断が出ることがあります。その場合は、うつではないから大丈夫と過信せずに、ストレスを解消するような方法を取ったり、規則正しい生活に気をつける事が大切です。このように、うつのチェックを行うことは、自分の心と身体を守るためにもとても大切なことです。