看護師と患者

うつをセルフチェックで早期発見~メンタルヘルスにチェックイン~

心の病の自己診断

ネットの情報が有効です

病院

心の不調が続いてうつ病かも知れないと思った時には、自己診断で本当にうつ病かどうかをチェックする方法がいくつかあります。まず挙げられる方法としては心療内科系の書籍を読むことによって自分がうつ病かどうかを判断することができます。しかし心身の不調の時は、外出をして書店に行って本を購入することが難しいことがあります。また体調不良の際に本を読むのは重労働になる時もあります。そのため比較的に心身への負担が少ないネット上のうつ病の自己診断が有効な方法となります。ネット上には有料と無料のうつ病のチェック診断があります。有料の場合は例えば心療内科と提携をしていたり、より詳細な自己診断が可能となる事が多い傾向があります。他にも新型うつ病に対応をしているチェックシートも充実しているケースがあります。新型うつ病も、症状が軽いからといって放置していては後に重いうつ病に進行をする場合があるために注意が必要です。またネット上では無料のうつ病の自己診断ができるサイトがあります。これは手軽にできるというメリットがあります。

早期に自己診断をしよう

ネット上には有料と無料のうつ病の自己診断が可能なサイトが多くあります。この場合、有料であっても無料であっても信頼できる老舗サイトを利用するようにしましょう。なぜなら、あまり信用性の高くないサイトでうつ病をチェックしてしまうと、本当は心療内科の通院が必要なケースを見逃してしまう可能性があるからです。この点、信用できる老舗サイトは長年の実績があるために、うつ病のチェックが性格にできるというメリットがあります。この信頼性の高さは有料か無料かに関係なくあります。そして自分の自覚症状を確認することによって、迅速に心療内科に通院が可能になるというメリットがあります。近年はうつ病の治療は進展しており、軽い症状の場合は比較的に短期間で回復できるケースも珍しくありません。そのため、不眠症やストレスで苦しむなどの自覚症状がある場合は、早めにネット上の自己診断サイトを利用することを推奨します。特に有料サイトで気になる自覚症状をチェックすると、心療内科の医師に質問ができるサイトも存在します。この場合は、医師から自分の気になる症状を聞けるため安心できるというメリットがあります。