看護師と患者

うつをセルフチェックで早期発見~メンタルヘルスにチェックイン~

頑張り過ぎない習慣

無理を重ねすぎて起きる病

女性

うつの可能性を早期にチェックすることで予備軍を減らすことが出来ます。一度うつを発症すると回復するまで時間が必要になり、仕事が出来なくなる期間が長くなる傾向にあります。このような状態になることを避ける必要があるのです。うつから多くの自信を失うことにならないように気をつけましょう。周りの人からも注意して、うつ病のチェックすることは健康でいられるために必要なことです。チェック項目は心理学を取り入れた方法で決まっています。この項目に当てはまることをチェックすることで、うつの可能性や程度がわかるのです。自分では軽く考えがちな病気ですが、無理を重ねすぎているということに気が付かないまま過ごしている人が多いです。すると何か失敗した時自分をゆるすことが出来ない気持ちになります。この時の気持ちがうつを発症させるカギになるのです。またその気持ちはチェックを定期的に行うことでわかります。改善しないと今後危険な状態になることがわかるのです。妥協することや力を抜くことで気持ちが軽くなれます。すると発病する原因が消えていくのです。その人らしく生活していけるように気持ちの持ち方が変わった時を直ぐに見つける方法です。

気分の落ち込みが出る病気

うつの症状は三か月以上落ち込み続けている状態です。普通は落ち込んだ時は考え方を変えたり気分転換をすることですぐに改善されます。そうではないのがこの病気を見つける目安でもあるのです。気持ちが落ち込むことから症状をチェックすることが出来ます。体の重だるさや倦怠感などの症状に当てはまることが多いものです。これをチェックする方法は、病院を受診して可能性のある病気を一つ一つ検査をしていくことが大切です。ここで体からくるものではないとわかった時に精神科や心療内科の診察を受けてうつがわかるのです。病院に行くときに自発的に受診に行きたがらないことがあります。これがうつの典型的な症状です。病気ではないと思いたい気持ちが強いからです。この気持ちを納得させるためのチェックでもあるのです。健康な人と比較してこれほど治療が必要な状態であるとわかれば受診して治療を行うことが出来ます。また薬を飲んでいくうちに気持ちが安定して完全に完治したと自己判断して薬を飲まなくなることも特徴的な症状です。